節税で負担をへらす

世の中には様々な節税方法があります。中でも、車などを物品購入する事などは、よく行われている節税対策ですよね。しかし、会社はいつ苦しくなってしまうのか分からないものです。より安心な節税対策をしたいのであれば、保険に加入してみるのもいいでしょう。簡単に節税をする事がせきますよ。まずはよくある質問などを確認してみるのも良いでしょう。

節税対策に関するよくある質問

どういった保険がありますか?

例えば、定期保険なども用意されているようです。ですので、気になる方はどの保険が合うのかを確認すると良いでしょう。

どういった方がサポートしてくれますか?

法人向けの保険提案を10年以上行ってきた、上級資格を持つファイナンシャルプランナーが責任持って提案してくれるようです。

アドバイスしてもらう事にお金はかかりますか?

アドバイス料などはかからないようです。ですので、気になる方は問い合わせフォームなどから問い合わせてみると良いでしょう。保険以外にも様々な節税アドバイスをしてくれますよ。

経営の基本は税金の把握

保険プラン

法人税の節税は会社経営を行う上で非常に重要な項目です。税理士など専門家と相談をする時にも、経営者自身がどれだけ理解出来ているかどうかは大きなポイントとなります。いくつかの提案を受けた時にも、それぞれがどういう意味を持つのか分かった上で判断を下せるようにしましょう。まずは法人税の基本的な枠組みから知っておく必要があります。

税の計算方法を理解する

男女

法人税の節税を理解する前に、まず知っておくべきなのが法人税の計算方法です。数式は以下の通りです。法人所得(益金-損金)×税率益金は収益、損金は費用や損失等を指します。平成30年4月現在では税率は23.2%ですが、最新の税率は財務省の公式ホームページを確認しましょう。ちなみに、所得税は額によって税率が高くなっていきますが、法人税は基本的に一定です。ポイントは益金で、基本的には収益を指しますが範囲が非常に広く、財産にプラスになるものはすべて該当します。金銭に限らず物品やサービスなども該当し、商品やサービスを無料で提供する無償取引にも益金が発生します。

効果が永続的なものか判断

初心者が法人税の節税対策を考える場合、第一にチェックすべきなのは効果の持続性についてです。節税対策と言ってもいろいろとありますが、効果が永続的なものか、一時的なものかは大きな分かれ目と言えるでしょう。例えば代表的なのが課税の繰り延べで、これは一時的に税金が安くなるものの、後で益金が計上されるため結局は納める必要があることを言います。納税タイミングをずらすことで、後々益金計上と同程度の損金計上が出来る綿密な計画が用意されているのであれば、優秀な出口戦略となります。ただ、何の計画もなしに単に先送りするだけでは、一見節税出来ているようで全く節税にはなりません。

どのタイミングでやるのか

前述の通り、事業の中長期計画と照らし合わせて、法人税を納めるタイミングを調整する節税テクニックなどはあります。つまり、事業計画を立てる段階から、あらかじめ税金額も織り込んでおく用意周到さが必要です。また、節税のためにキャッシュを使うかどうかも重要な点です。安定した経営のためには資金は無駄使いせず、事業に回すべき資金は削らない節税対策を心がけましょう。未払費用や短期前払費用は年度内に損金計上し、普段から各種費用の支出タイミングを調整するだけでも永続的な節税対策になります。役員給与を定期同額給与にすれば損金に算入できますので、こちらも最初から決めておくべき節税対策です。

広告募集中