HOME>注目記事>徹底比較で満足!海外旅行保険を上手く使うコツ

目次

治療費や入院費などが対象

地図

いろいろな海外旅行保険がありますが、比較する際にいくつかポイントがあります。保険を利用する場合最も多いのがケガや病気などでいくつか補償が用意されており、例えば怪我や病気などが原因でクリニックに支払った入院費や治療費・診断書などが対象になります。3日以上入院したり、家族が現地に向うため負担する交通費や宿泊料だったりも対象になるか注意が必要です。尚、持病が悪化した場合補償対象外になるのかどうか事前にチェックしておくことをおすすめします。一部の保険会社では持病も対象としており、原則歯科治療など対象外のところが多いでしょう。

特約プランを利用

旅行者

他人に怪我をさせたり、他人の物を壊してしまったりすることもあるので、このような場合にも賠償責任金が発生するか確認が必要です。例えばレンタルした機器をなくしたり、壊したりすることもあるでしょう。そのような場合海外旅行保険を利用すると便利で、補償対象にしているところが多いです。中には対象外になるケースがあり、海外でレンタカーを借りて運転している際に誰かがをひいて怪我を負わせてしまう時などです。この場合は基本補償ではカバーできなかったり、保険会社によっては特約プランで補償したりすることができることもあるのでよく比較してから加入しましょう。

リーズナブルな料金

パスポート

いろいろな海外旅行保険がありますが、相場として2,000円~5,000円ぐらいです。特約プランなどを申し込むとコストは高くなりますが、いろいろな範囲を補償することができます。基本的に発症中の病気やケガなどが旅行先で悪化しても、治療費として補償されません。しかし一部の保険会社の場合は応急治療や救援費用補償特約などが付帯されているので、疾病治療費などをカバーすることが可能です。持病を持っている人は事前に特約内容を比較検討しておくと便利です。

歯は事前に治療しよう

女の人

一般的に海外旅行保険を利用しても歯の治療費用は補償対象外です。しかし急激な痛みを一時的に除去したり、緩和したりする際の費用をカバーしてくれる緊急歯科治療費用特約などが付帯された商品を販売する保険会社があるでしょう。海外で歯の治療を受けるとかなり高額になるので注意が必要です。事前に比較してから最適な商品を選択することをおすすめします。

広告募集中